<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< あと 3 週間 | main | 決戦前夜 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2007/12/17 | この記事の URL | - | - | -

本試験 H16 午後1 問4:スタンバイ構成, VRRP

【スタンバイ構成】
・コールドスタンバイ:待機系は稼働しない状態とし、障害発生時に交換する方式
・ウォームスタンバイ:待機系は OS を立ち上げておくが業務システムは立ち上げずに、障害検知後に業務システムを立ち上げて切り替える方式
・ホットスタンバイ:主系と同じ業務システムを待機系でも立ち上げておき、障害を検知すると直ちに待機系に切り替える方式

【VRRP】
動的経路制御が利用できない環境で、ルータを冗長化させるためのプロトコル
同一サブネット内に存在する複数のルータを、仮想的な1台のルータ(仮想ルータ)のように見せかける

仮想ルータは1台のマスタルータと1台以上のバックアップルータから構成される。
マスタルータとは実際にパケットを転送するルータのことで、VRRP 広告(VRRP Advertisement)パケットを定期的に送信する。
マスタルータがもし自分より優先度が高い広告パケットを受信した場合、そのルータはバックアップルータになる(プリエンプトモード)。
バックアップルータはマスタルータが送信する VRRP 広告パケットを監視し、一定期間途絶えるとマスタルータに障害が発生したものと判断し、バックアップルータ内で最も優先度が高いルータを新たなマスタルータに選出する。

・VRID:仮想ルータを識別する ID(0〜255)
・仮想 MAC アドレス:仮想 IP アドレスへの ARP 要求に対して返答される MAC アドレス
・仮想 IP アドレス:仮想ルータの IP アドレス。この仮想 IP アドレスへのアクセスは同一の VRID 内での優先度に基づいて実際のルータへ転送される
2006/09/24 22:00 | この記事の URL | まとめ | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

2007/12/17 | この記事の URL | - | - | -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ